トリコモナスの感染ルートと治療薬について

驚く女性 「トリコモナス」は、トリコモナス原虫に感染すると発症する性感染症の1つです。
この原虫は男性・女性ともに感染するのですが、特に女性の方が発症しやすいと言われています。
辛い症状が続くので、なぜトリコモナス原虫に感染してしまうのかといった感染ルートや、どのような症状が起こるのかといったトリコモナスの情報をチェックしてみましょう。

まず感染ルートですが、性感染症と言われているように第一に挙げられるのは性行為です。
すでに原虫に感染しているパートナーとコンドームをせずに性行為を行った場合、感染してしまうリスクが高まります。
ただこの性感染症の場合、性行為以外にも感染ルートが存在しています。

実はトリコモナス原虫は、水がある場所であれば人に寄生していなくても生き続けることが可能です。
公衆浴場やプールといった、不特定多数の人が出入りする場所もトリコモナスの感染ルートとなってしまいます。
公衆浴場やプールといった場所には行く機会が無いからといって、トリコモナス原虫に感染しないとは限りません。

公衆浴場・プール以外に気を付けなければいけないのがトイレの便座です。
公衆トイレなど多くの人が使用するトイレの便座にもトリコモナス原虫がいて感染してしまうケースがあります。
小さいお子さんでも感染してしまうリスクがあるので注意が必要です。

トリコモナスを発症してしまった場合、女性は特におりものの異変を感じやすくなります。
おりものの量が増えたり、臭いが強くなる症状が現れます。
また、黄色や黄緑色の泡立ったおりものになるのもトリコモナスの特徴です。

よく、性感染症を発症するとおりものがカッテージチーズのようになると言われています。
カッテージチーズのように変化するのは他の性感染症の場合です。
他には性器のかゆみや痛みなどの症状も現れます。
トリコモナスをそのまま放置してしまうと卵管まで炎症が進んでしまい、不妊症を招く危険性があるので感染していると分かったら早めに治療を行うことが大切です。

トリコモナスの治療にはフラジールが効く

性感染症で病院を受診することに抵抗を感じる女性も多いのではないでしょうか。
どのような検査・治療を行うのか不安になる性感染症ですが、少しでも身体に異変を感じたらすぐに病院で治療を開始することをおすすめします。

トリコモナスの場合、女性が発症して放置してしまうと卵管まで炎症が及び細菌性腟症を発症します。
細菌性腟症によって最悪の場合、不妊症や流産・早産を招くことが考えられるので、早め早めの治療が大切です。

もし、性器にかゆみを感じたりおりものが通常よりも違う色や臭いをしている場合、トリコモナスを疑って病院を受診するようにしましょう。
感染しているかどうかは膣内の分泌物を摂取するだけの簡単なものです。
検査でトリコモナス原虫がいると分かった場合は治療を開始します。

トリコモナスの治療は薬物療法が基本です。
フラジールという抗菌作用のある内服薬や膣剤によって治療を行います。
症状が軽い場合は、口から摂取するタイプの錠剤型のフラジールでの治療が一般的です。
症状が悪化している場合には膣剤といって、膣内に直接薬を入れるタイプのフラジールで治療を行うケースもあるようです。

錠剤の内服薬・膣錠のフラジールは日本国内の性感染症の治療を行っている病院であれば、ほぼ処方してもらえます。
フラジールの場合、約7日間から10日程度が治療期間となります。
薬で治療を行うとすぐに症状が緩和され、治療を勝手に止めてしまう患者さんも少なくありません。
ですが、きちんと薬の用法用量を守らなければ治療期間が長引いてしまうので、医師の指示通りに治療を行いましょう。

また、フラジールでの治療期間中は患部にトリコモナス原虫が潜んでいる可能性があるので、公衆浴場やプールといった場所に行くのも避けた方が良いとされています。